セクシュアリティは、特にそれを取り巻くさまざまなタブーのために、多くの議論や論争を引き起こすテーマです。ただし、アクセスするにはこれらのタブーを破る必要があります。 充実した性生活 しかも制約なしで。ここでは、あまり知られていないものの、私たちの社会に非常に存在しているセクシュアリティに関する10のタブーのリストをご紹介します。

1. カップルには性交渉が義務付けられている

性交渉が恋愛関係における義務であると信じるのは間違いです。実際、各カップルには独自のリズムと欲求があり、頻繁に性的関係を持たなくても満たされる可能性は十分にあります。重要なことは、お互いの欲求の間のバランスを見つけ、パートナーの選択を尊重することです。

2. オーラルセックスを行うことは品位を傷つける

このタブーは、特定の文化圏で特に広く普及し、根強く残っています。ただし、オーラルセックスは、敬意と同意を持って行われた場合、両方のパートナーにとって非常に快適で有益です。覚えておいてください性行為に上下関係はない、誰もが自分に最も適したものを自由に選択できること。

3. 女性は男性に比べて性欲が少ない

残念なことに、この決まり文句は今でも私たちの社会に根強く残っています。ただし、次のことが実証されています。 性欲 性別に関係なく、人によって異なります。 したがって、女性は男性と同じくらいの性欲と食欲を持っています、そしてそれは彼らが隠さなければならないタブーではありません。

4.婚外セックスは不道徳である

特定の宗教的または文化的信念は、時代遅れではありますが、この考えを伝え続けています。各個人は婚姻状況に基づいて判断されることなく、性行為やパートナーを自由に選択できることを理解することが重要です。 尊重と相互同意は健全な性的関係の重要な価値観です、結婚前、結婚中、結婚後に実践されたかどうか。

5. 同性愛は異常である

考え方は徐々に変わってきていますが、このタブーは世界の特定の地域では依然として残っています。しかし、同性愛は異性愛と同様に自然で正当な性的指向です。誰もが性的指向による差別や偏見に苦しむことなく、好きな人を自由に愛することができます。

6. 幸せになるためには性交の頻度が高くなければなりません

繰り返しになりますが、このタブーはカップルに不必要なプレッシャーを与える可能性があります。性交の頻度は人によって異なり、年齢、ストレスレベル、身体的または精神的健康などの多くの要因によって異なります。 性行為の頻度に関する世界共通の基準はない、そしてパートナーのニーズと限界を尊重することが重要です。

7. セックスは常に喜びを目的としています

このタブーにより、性交中に体系的に快感を経験しないと自分は異常であると信じる人もいます。ただし、特定の経験が他の経験より満足度が低いのはごく普通のことであり、これはさまざまな要因 (疲労、ストレス、パートナーとの共犯関係の欠如など) に依存する可能性があります。重要なことは、パートナーとコミュニケーションを取り、性的関係の質を向上させるために一緒に解決策を探すことです。

8. マスターベーションは恥ずかしいことです

マスターベーションは、特に女性の間でタブー視されることがよくあります。しかし、この習慣は完全に自然であり、精神的および身体的健康に有益な効果をもたらす可能性さえあります。 マスターベーションをすることで、自分の体とその欲求についてより深く知ることができます。、より充実した性生活に貢献できます。

9. 老人には性欲がない

このタブーは、次のような誤った信念に基づいています。 性欲 年齢とともに消えます。実際には、セクシュアリティは生涯を通じて進化し、時期に応じてさまざまな形をとることがあります。多くの高齢者は、時間の経過とともに生じる可能性のある生理学的変化にもかかわらず、アクティブで充実した性生活を続けています。

10. 性的障害はまれであり、恥ずべきことである

最後に、性的障害(勃起不全、早漏、オーガズムに達する困難など)は私たちが思っているよりも一般的であり、多くの人が罹患していることを覚えておくことが重要です。適切な解決策を見つけて充実した性生活を取り戻すために、ためらわずに医療専門家や専門セラピストに相談してください。

これらのタブーを破り、セクシュアリティに対してオープンで敬意を持ったアプローチを採用することで、私たち全員が性的欲求や性行為に対してより寛容で思いやりのある社会に貢献することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です