精子は単純な DNA キャリアであるとよく考えられていますが、この小さな細胞にはそれ以外にも多くの機能があります。この記事では、人間の生殖に重要な役割を果たすこれらの小さくて魅力的な存在について、知っておくべき 5 つの驚くべきことを発見します。

1. 世界で最も過酷なレース:精子レース

精子間の競争は激しい、卵に到達して受精するまでに長距離を移動する必要があるためです。実際、これはおそらく想像できる限り最も複雑で体力を消耗するレースです。

精子のための障害物コース

射精時には数百万個の精子が膣内に放出されます。まだ、 卵にたどり着くことができるのはほんのわずかです。そこに到達するために、彼らは厳しい環境を通過し、頸管粘液を通って子宮を上り、最終的に卵管に到達する必要があります。

トップアスリート

これらの障害に直面しても、精子は並外れた耐久力と強さを発揮します。彼らは平均毎分2〜5ミリメートルの速度で泳ぐことができ、これは人間の数キロメートルの移動に相当します。さらに、彼らは与えることができます 尻尾を叩く 自らを前進させ、立ちはだかる障壁を乗り越えるのに非常に強力です。

2. 精子の寿命にはばらつきがある

想像に反して、すべての精子の寿命が等しいわけではありません。確かに、 その寿命はいくつかの要因によって決まります、特に動作環境。

男性の身体では

精巣内では、精子は数週間、場合によっては数か月間生存できます。しかし、その品質と 受精する能力 卵は時間の経過とともに徐々に減少します。

体の外側

射精中に精子が放出されると、その使命を達成する機会はほんの短い期間しかありません。膣の外では、それらはすぐに死んでしまいます。その寿命は通常、屋外や皮膚の上では数時間未満です。

女性の体の中で

膣に導入されると、精子は生存に適した環境の恩恵を受けます。それで、彼らはできるのです 最長5日まで生きる 女性の生殖器系では、受精する卵子と出会うチャンスが与えられます。

3. 精子の質はライフスタイルに影響される可能性があります

興味深いことに、男性のライフスタイルや環境の特定の側面が精子の品質に影響を与える可能性があります。ここではいくつかの例を示します :

4. 精細胞は高度なナビゲーションシステムを備えています

卵子にうまく到達するには、精子が女性の生殖管を正確に移動できなければなりません。このために、彼らは 複雑なナビゲーションシステム これにより、卵が発する化学信号を検出し、徐々に卵に近づくことができます。

精子走化性

精子は、周囲の環境に存在する特定の分子(プロゲステロンなど)の濃度勾配を認識することができます。この情報に基づいて、彼らは卵に向かって移動するように軌道を調整します。

カルシウムの重要な役割

カルシウムは精子のナビゲーションプロセスにおいて中心的な役割を果たします。プロゲステロン勾配を検出すると、細胞膜に存在するカルシウム チャネルが開き、細胞内のカルシウム濃度が急激に増加します。この生化学反応のカスケードにより、精子の尾部の拍動の周波数と振幅が変化し、その方向と速度が変化することが可能になります。

5. 精子は優れた形態学的多様性を示す

すべての精子が、通常図で見る精子と同じように見えるわけではないことをご存知ですか?実際には、その形状は個体ごとに大きく異なり、同じ精子サンプル内の精子ごとにさえも大きく異なります。

異形な形状

したがって、正常より大きいまたは小さい頭部、巻き付いた尾、または核レベルでの異常さえも持つ精子を観察することができます。精子によっては、頭や尾が 2 つあるものもあります。

生殖能力への影響

これらの形態学的違いは、精子が卵子を受精させる能力に影響を与える可能性があります。一般に、精子の異常が多ければ多いほど、精子がその使命を果たす可能性は低くなります。しかし、それぞれの射精物に多数の精子が存在することを考えると、受胎を可能にするためには、1 つだけが卵子に結合して侵入できれば十分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です