そこには 歯科用骨移植 これは、特に歯科インプラントの埋入の準備として、顎顔面外科医によって一般的に行われる手順です。インプラントを効果的に設置するには、顎の骨の構造がそれを支えるのに十分な厚みと密度がなければなりません。この記事では、この手順に関するすべての手順と重要な情報を説明します。

なぜ歯科用骨移植を選択するのですか?

歯科用骨移植の主な目的の 1 つは、インプラントを受けられるように顎を準備することです。 歯科インプラント。ただし、この手順はさまざまな理由で必要になる場合もあります この場合、骨移植が必要になります。そのためには、パリのElone Clinicなどの外科歯科医に行ってください。

骨密度の欠如

患者の中には、1 本または複数の歯を長期にわたって失ったために、顎が柔らかすぎたり損傷したりしている人もいます。このような場合、歯科インプラントを行う前に骨移植が不可欠です。

特定の条件による骨量の減少

この骨密度の不足の原因としては次のようなものが考えられます。

歯科骨移植はどのように行われるのですか?

もっている パリのEloneクリニック, 私たちの外科医は、高度で実績のある技術を使用して、顎顔面外科治療の成功を保証します。

術前検査

何よりもまず、外科医は患者の口の徹底的な検査を行って骨の構造を評価し、移植が必要かどうかを判断します。

操作手順

介入が行われる場合、通常は次の手順に従います。

骨移植の種類

自家移植

骨移植片は患者さん自身から直接採取されます。

同種移植

ドナーは 骨バンク 呼ばれた バイオバンク、最適な互換性のためにネイティブの骨と同様の機械的特性を保証します。

異種移植

このタイプの移植では、ドナーは動物、通常はウシ科の動物です。

合成素材

研究室で作成された合成生体材料代替物を使用して天然の骨を模倣し、極めて衛生的な条件下で最大限の成功率を保証します。

歯科インプラントの再建オプション

洞隆起

この操作は、 副鼻腔膜 膜と骨の間の空洞を代替材料で充填する。

移植前骨造成

この技術により、インプラントを埋入する前に、関係する顎に関係なく、骨の高さと厚さの両方を増やすことが可能になります。

骨移植後の回復期間

移植後、移植片が骨に適切に受け入れられるようになるまで、数週間の治癒期間が必要です。

潜在的な副作用

手術後に患者が一時的な痛みや副作用を経験するのは正常です。ただし、外科医は患者の回復を促進し、痛みを最小限に抑えるためのアドバイスを提供します。

考えられる合併症

他の手術と同様に、感染や移植片拒絶反応などの合併症が発生するリスクがわずかにあります。歯科骨移植は一般に民間クリニックではカバーされないため、患者は保険の適用範囲も確認する必要があります。ただし、一部の個人保険で一部の費用がカバーされる場合があります。要約すると、歯科用骨移植は、特に骨構造が不十分な場合に、歯科インプラントの埋入を確実に成功させるための重要なステップです。の家で パリのEloneクリニックでは、最先端の技術と実証済みの技術を使用して、顎顔面外科において最適な治療を提供します。お口の健康を成り行き任せにせず、今すぐ専門家に相談してニーズを評価してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です