私たちは皆、体が不快な音を立てる瞬間に直面したことがありますが、それは最悪の場合に起こることもよくあります。面接中にお腹が鳴る場合でも、静かな部屋の真ん中でお腹が鳴る場合でも、これらの騒音は当惑の原因となる可能性があります。この記事では、私たちの体が発する10の不快な騒音と、それらを最小限に抑えるためのいくつかのヒントを探ります。

1. 腹鳴筋

腹鳴筋 胃のゴロゴロ音を表す医学用語です。これは、空気と液体が腸内に押し込まれ、可聴音を発生させるときに発生します。これらの騒音を抑えるには、よりゆっくりと食事をし、食べ物をよく噛んで飲み込む空気の量を減らすようにしてください。

2.鼓腸

鼓腸 腸内のガスの蓄積が原因で起こり、ガスは肛門から排出されます。豆類、キャベツ、炭酸飲料など、ガスの生成を促進する特定の食品を避けることで、これらを減らすことができます。

3. しゃっくり

しゃっくり 横隔膜が突然収縮して声帯が閉じるときに起こる不随意反射で、特徴的なノイズが発生します。しゃっくりを止めるには、数秒間息を止めるか、コップ一杯の水を飲んでみてください。

4.いびきをかく

いびきをかく 睡眠中の呼吸時の喉や軟口蓋の組織の振動によって引き起こされます。いびきを軽減するには、仰向けではなく横向きで眠り、就寝前のアルコールを避け、健康的な体重を維持してください。

5. 関節の亀裂

関節のひび割れ 骨と骨の間の空間に溜まったガスが放出されることで起こります。煩わしい場合もありますが、通常は健康に害はありません。これらのノイズを最小限に抑えたい場合は、指を過度に伸ばしたり動かしたりしないようにしてください。

6. 喘鳴

そこには 喘鳴 狭くなったり閉塞した気道から空気を吐き出すときに発生する甲高い音です。これは喘息や慢性気管支炎などの病状によって引き起こされる可能性があります。このような症状が現れた場合は、医療専門家にご相談ください。

7. 歯ぎしり

歯ぎしりブラキシズムとは、無意識に歯をこする行為で、歯の損傷や顎の痛みを引き起こす可能性があります。歯ぎしりを防ぐために、次のことを試してみてください。 ストレスを減らします そして着てください 夜の側溝

8. くしゃみ

L’くしゃみ これは、鼻からの刺激物を排除するために肺から空気を排出することを可能にする不随意の反射です。くしゃみを完全に避けるのは難しいですが、ペットの毛や花粉などのアレルゲンを避けることで、くしゃみの頻度を最小限に抑えることができます。

9. 鼻がゴロゴロ鳴る

鼻がゴロゴロ鳴る 副鼻腔や鼻の粘液の蓄積によって引き起こされ、感染症やアレルギーによって悪化する可能性があります。これらの騒音を軽減するには、加湿器を使用して周囲の空気を湿った状態に保ち、鼻詰まりがひどい場合は点鼻スプレーの使用を検討してください。

10. 喉がゴロゴロ鳴る

喉がゴロゴロ鳴る 多くの場合、扁桃腺と舌の奥の間の空気の通過が原因です。この現象は、定期的に水を飲んで喉に潤いを与え、騒音の原因となる乾燥を避けることで最小限に抑えることができます。

つまり、身体からの不快な騒音は、状況によっては当惑の原因となる可能性があります。幸いなことに、私たちのことに注意を払うことで、 食生活 私たちのライフスタイルに合わせて、その頻度を最小限に抑え、不快な当惑の瞬間を避けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です