不妊はデリケートな問題であり、なかなか子供を妊娠できない夫婦にとっては困難な状況です。ほぼ 6 組に 1 組のカップルが罹患しており、男性と同様に女性も罹患しており、不妊症の 40 ~ 50% は女性要因に関連しており、40 ~ 50% は男性要因に関連しています。たとえ原因が不明であっても、不妊治療によって不妊治療が成功する可能性があることを覚えておいてください。

女性の不妊症に関するいくつかの重要な事実

あなた一人じゃありません。 30代以上になり、子供を妊娠するのが難しい場合は、不妊症専門医に相談することをお勧めします。

– 女性が思春期に達すると、約 450,000 個の卵子が生まれます。
– 各周期の開始時に、卵胞刺激ホルモン (FSH) の助けを借りて卵胞のグループが成長し始めます。
– 周期の 2 週間目に、卵胞はエストロゲンを生成し、これが脳を刺激して黄体形成ホルモン (LH) を放出します。

黄体は、子宮が受精卵を受け入れる準備を整えるプロゲステロンと呼ばれる別のホルモンを生成します。卵子が精子によって受精しなかった場合、または受精卵が着床しなかった場合、黄体は縮小し始め、プロゲステロンレベルが低下し、月経によって子宮内膜が失われ始めます。その後、サイクルが再び始まります。

女性不妊の主な原因

女性の生殖能力が低下する最も一般的な原因は次のとおりです。

多嚢胞性卵巣症候群 (PCOS)

排卵障害 女性の不妊症の最も一般的な原因です。 PCOS は、生理不順や生理不順を引き起こす可能性がある複雑なホルモン疾患であり、糖尿病、心臓病、高コレステロールの発症リスクの増加を引き起こす可能性があります。この問題を解決するには、バランスの取れた食事を摂り、定期的に身体活動を行うことが重要です。

女性の不妊症に考えられる治療法

不妊に悩む女性を助けるために利用できる治療法がいくつかあります。

薬物 : 医師が処方した薬が役に立ちます 排卵を刺激する、月経周期を調節し、子宮内膜症や甲状腺​​疾患などの他の根本的な問題を治療します。

手術 : 場合によっては、卵管の嚢胞、癒着、またはその他の閉塞の原因を除去するために手術が行われることがあります。

生殖補助技術 (MAP): 自然な方法がうまくいかないカップルの妊娠に役立つ、子宮内授精(IUI)、体外受精(IVF)、顕微授精(ICSI)などのさまざまなART技術があります。

結局のところ、妊娠が難しい場合には、できるだけ早く不妊治療専門医の診察を受けることが重要です。家族をもつという夢を実現するために利用できる治療法はたくさんあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です