多くのカップルに影響を与える現実

先進国では、不妊問題を経験しているカップルの割合は数十年間安定しています。しかし、 この問題のために医療援助を求めるカップルの数が増加しています。症例の 3 分の 1 は女性の不妊症に関連しており、残りの 3 分の 1 は不妊症に関連しています。男性不妊症、妊娠が難しい場合は、両方のパートナーが不妊治療の専門家に相談することが重要です。

不妊専門医にいつ相談するべきですか?

一般に、35 歳未満の女性が 1 年間妊娠しようと試みても失敗した場合、または 35 歳以上の女性が 6 か月間妊娠しようと試みても妊娠できない場合は、不妊症専門医の診察を受ける必要があります。カップルが治療を受けずに 3 年以上妊娠しにくい場合、自然妊娠の可能性は不妊の原因に応じて 1 か月あたり 0% ~ 3% です。

原因不明の不妊:永遠の謎

症例の約 5% ~ 10% では、不妊症の正確な理由は不明のままです。しかし、これらの状況には未知の病因が関与している可能性があります。原因不明の不妊症

不妊症と治療の一般的な原因

不妊治療の医師は、妊娠能力に影響を与える可能性のある次のようなさまざまな症状を治療できます。

男性不妊:一般的な原因

L’男性不妊症 などの問題が原因であることが多いです 勃起不全、精子数が少ない、または精子の運動性が低い。

それぞれのカップルに合わせた個別サポート

不妊に関する懸念を専門家に相談する準備ができたら、私たちの専任専門家チームがあなたと協力して個別の治療計画を作成します。このプランでできることは、夢を達成する成功の可能性を最大限に高める 家族を始めるために。あなたの旅の一部となる可能性のあるいくつかの治療オプションを以下に示します。

感情的なサポート: プロセスの重要な側面

不妊治療は医療に限定されないことを強調することが重要です。それはあなたに提供することでもあります あなたのニーズに合わせた感情的および心理的サポート。親になるまでの道のりは課題に満ちていますが、学際的なチームがあらゆる段階であなたをサポートします。

結論:不妊症にもかかわらず、あえて家族の夢をみる

不妊は多くのカップルに影響を及ぼしますが、その理由は複数であり、時には説明できないこともあります。しかし、医学の進歩のおかげで、多くの治療選択肢が利用可能になり、子育てを成功させることが可能になりました。妊娠が難しい場合は、不妊治療の専門医に遠慮なく相談してください。家族をもつという夢の実現に向けて、最適なケアと個別のサポートが提供されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です