そこには アーノルド・キアリ奇形 です 小脳の構造異常。さまざまな症状を引き起こし、それに苦しむ人々の生活の質に影響を与える可能性があります。この記事では、さまざまな種類の奇形、その原因、症状、利用可能な治療法について説明します。

アーノルド・キアリ奇形とは何ですか?

アーノルド・キアリ奇形は、 先天異常 これは小脳と呼ばれる脳の下部に影響を与えます。この状態では、小脳の一部が通常は脊髄のために確保されている空間である脊柱管内に下降します。この下降は脳と脊髄の圧迫を引き起こし、さまざまな症状や合併症を引き起こす可能性があります。

さまざまなタイプのアーノルド・キアリ奇形

それが存在します 大きく分けて4つのタイプ アーノルド・キアリ奇形は、異常の重症度に従って分類されます。

  1. タイプ I: これは奇形の中で最も軽度で最も一般的な形態です。影響を受けた人には症状がないか、成人になってから問題が発生する場合があります。
  2. タイプ II: 古典的奇形とも呼ばれ、通常は小児期に診断されます。二分脊椎の一種である骨髄髄膜瘤に関連することがよくあります。
  3. タイプⅢ: このまれで重篤な形態は、通常、出生時から神経学的問題を引き起こします。
  4. タイプ IV: これは奇形の最も重篤な形態であり、小脳が異常に発達しているか不完全です。

原因と危険因子

正確な原因 アーノルド・キアリ奇形 明確に確立されていない。しかし、この異常は、妊娠中の中枢神経系の形成における発達上の問題が原因であると考えられています。考えられる危険因子には次のようなものがあります。

アーノルド・キアリ奇形の症状

アーノルド・キアリ奇形の症状は、異常の種類と重症度によって異なります。無症状の人もいる一方で、重篤な合併症を引き起こす人もいます。最も一般的な症状は次のとおりです。

アーノルド・キアリ奇形の治療

アーノルド・キアリ奇形の治療法は、種類、重症度、症状によって異なります。場合によっては、 医療 症状を軽減するには十分かもしれません。これには以下が含まれる場合があります。

より重篤な場合、または医学的治療にもかかわらず症状が持続する場合、 外科的介入 考慮することが出来る。この処置の目的は、患部の圧迫を解除し、脳と脊髄のためのスペースを増やすことです。さまざまな手術手技には次のようなものがあります。

要約すると、アーノルド・キアリ奇形は、幅広い症状や合併症を引き起こす可能性がある脳の構造異常です。利用可能な治療法には、医学的管理と、より重篤な場合には患部の減圧のための手術が含まれます。